機械プレカット

新時代の住宅建築はプレカット工法がメインストリームになる。

プレカット工法とは、CADを使って設計した図面情報を直接工場のCAMにリンクして部材を生産・商品化する建築工法です。高精度マシンより、ミリ単位の正確さで、木質をスピーディに加工します。材料選別からプレカット加工材の品質検査まで徹底したチェックを厳密に実施。現場作業の効率まで配慮した納品方式を実施しています。

CADによる設計

構造材加工

完成​・出荷

品質管理・検査

設計・相談

設計・相談

羽柄材加工

CADによる設計

プラン

原材料

選別

構造材加工

品質管理・検査

完成・出荷

野地・床合板加工

現 場

野地・床合板加工

 

機械プレカットを実現する最新設備

●設備1 CAD

CAD(Computer Aided Design)は木材加工設計図を作成するシステムです。

●設備2 柱工場

柱工場では建物を支える木材が加工されています。

 

●設備3 横架材工場

横架材加工機では、梁、桁、母屋等の木材が加工されます。

機械プレカットのメリット

機械加工による大幅な工期短縮
切って、簡単に加工しやすく、様々なデザインや間取りの住宅を設計することができ工場でプレカット加工するのでスピードアップによる大幅な工期短縮が出来ます。

0.5mm単位での高精度な加工
長い柱や太い梁であっても高精度に加工でき、建物自体の強度を強め安心で快適な暮らしをサポートできます。

環境に優しい
現場でのカット加工も減るため現場から出るゴミもそして騒音も減らします。

・機械プレカットではCADシステムの導入により、見積期間が従来の工法に比べ、およそ15日間短縮されます。

・また、プレカット材を用いることによって着工から完成までの期間が従来の工法に比べ、短縮されます。

 

機械プレカットによって加工される木材

●柱材加工

長さ切断
上ほぞ取り
下ほぞ取り

寄りほぞ取り

回り縁欠き

胴差し彫り

横差し穴
シャクリ
ラス下シャクリ

ボルト穴
貫穴
窓台欠き

窓まぐさ欠き
二段二重胴差し
竹穴

胴縁欠き
回転ほぞ取り

●横架材加工

端切り切断
長さ切断
大入れあり掛け
寄り大入りあり掛け
逆さ大入りあり掛け
あり掛け

短兜蟻大入れ掛け
乗せ継ぎ
乗せ掛け
大引角大入れ掛け
もたせ(柱・枕・桁)

茶臼掛け

兜掛け
羽子板ボルト穴
かんざしボルト穴
間柱用寄り穴
胴差し
二段二重胴差し

兜+もたせ(柱・枕・桁)
間柱欠き
たる木欠き   
胴差し引き合い箱穴

火打ち彫り 
中間火打ち彫り 

金物火打ち彫りボルト穴 
根太彫り 
大引き彫り筋違い彫り 
柱ほぞ穴 
間柱穴桁差し 
かま継手 

あり継手

カクライマーク
カクライロゴマーク

お問合せ 〒311-4304 茨城県東茨城郡城里町下青山1084-1 TEL029-288-2871

Copyright © 2018 Kakurai Co.,Ltd. All Rights Reserved.