よくある質問

Q1 家を建てたいと思っているが、どこに、どのように頼んだら良いのでしょうか?


大手住宅メーカー、工務店、町の建設会社、材木店、大工さん・・・以上のいずれかの方に相談しましょう。また、事前に大手住宅メーカーの展示場でモデルルームを見て、家を建てるときの参考にしておくと良いでしょう。




Q2 家を建てるのには、どんなところに注意をすれば良いのでしょうか?


材料や構造など、一見しただけでは判断し難い部分に注意してください。見た目は良い家でも、構造に欠点があると10年から15年くらいで修理をする必要が出てきてしまいます。良い家づくりをするために、家づくりの心得も参考にしてください。




Q3 木造住宅と鉄筋住宅のどちらが良いのでしょうか?


日本の気候は湿度が高いので、材料的には吸湿性のある材料を使用した木造住宅が良いでしょう。しかし、鉄筋住宅にも、強度性、気密性、耐火性などの木造住宅には無い利点があります。建築環境や用途にあった家を建てるようにしましょう。




Q4 木造住宅はどんなところが良いのでしょうか?


木造住宅の最大の利点は、修繕や改築が容易に行えるということです。また、非木材住宅と比較すると、耐久年数も5年から10年ほど長くなっています。更に、通気性の良さと木の温もりによって、住む人に精神的な安らぎを与えてくれます。加えて、木造住宅は比較的軽いために、比較的地盤の悪いところでも建てることが出来るといった利点もあります。しかし、それ以上に長年住んだ木造住宅には、その住人にだけ解る良さが染み込んでいるものです。




Q5 木造住宅はどれくらい持ちますか?


木造住宅の耐久年数は、その材料によって大きく異なります。良い材料を用い、軸組みを十分に考えた構造で建てられた木造住宅は50年以上の耐久年数を誇ります。




Q6 家を建てるのにどれくらいの木材が必要ですか?


構造材として、柱100本、横架材200~250本程度が使用されています。




Q7 木造住宅に使われている木材の価格は幾らくらいですか?


家を建てたときの価格の10%程度が一般的な木材費用です。丈夫で頑丈な家づくりを目指すのでしたら、木材選びにも注意しましょう。





住宅編

マイホームを建築したいと思う人なら誰もが気になる質問を取りあげてあります。

プレカット

Q1 家を建てたいと思っているが、どこに、どのように頼んだら良いのでしょうか?


大手住宅メーカー、工務店、町の建設会社、材木店、大工さん・・・以上のいずれかの方に相談しましょう。また、事前に大手住宅メーカーの展示場でモデルルームを見て、家を建てるときの参考にしておくと良いでしょう。




Q2 家を建てるのには、どんなところに注意をすれば良いのでしょうか?


材料や構造など、一見しただけでは判断し難い部分に注意してください。見た目は良い家でも、構造に欠点があると10年から15年くらいで修理をする必要が出てきてしまいます。良い家づくりをするために、家づくりの心得も参考にしてください。




Q3 木造住宅と鉄筋住宅のどちらが良いのでしょうか?


日本の気候は湿度が高いので、材料的には吸湿性のある材料を使用した木造住宅が良いでしょう。しかし、鉄筋住宅にも、強度性、気密性、耐火性などの木造住宅には無い利点があります。建築環境や用途にあった家を建てるようにしましょう。




Q4 木造住宅はどんなところが良いのでしょうか?


木造住宅の最大の利点は、修繕や改築が容易に行えるということです。また、非木材住宅と比較すると、耐久年数も5年から10年ほど長くなっています。更に、通気性の良さと木の温もりによって、住む人に精神的な安らぎを与えてくれます。加えて、木造住宅は比較的軽いために、比較的地盤の悪いところでも建てることが出来るといった利点もあります。しかし、それ以上に長年住んだ木造住宅には、その住人にだけ解る良さが染み込んでいるものです。




Q5 木造住宅はどれくらい持ちますか?


木造住宅の耐久年数は、その材料によって大きく異なります。良い材料を用い、軸組みを十分に考えた構造で建てられた木造住宅は50年以上の耐久年数を誇ります。




Q6 家を建てるのにどれくらいの木材が必要ですか?


構造材として、柱100本、横架材200~250本程度が使用されています。




Q7 木造住宅に使われている木材の価格は幾らくらいですか?


家を建てたときの価格の10%程度が一般的な木材費用です。丈夫で頑丈な家づくりを目指すのでしたら、木材選びにも注意しましょう。